Pocket

Ⅰ.健康管理
入所している高齢者の健康状態の把握、健康に関する相談、診療の補助、処置、検査、急変時の対応、医師や関連機関への連絡を行う。

Ⅱ.機能訓練
高齢者の身体的機能を把握し、リハビリテーション専門スタッフと共に協力して、日常生活行動の自立、社会復帰を目的とした援助を行う。

Ⅲ.終末期看護
人生の終未期を迎える高齢者に対しては、安らかに死をむかえられるように援助する。
具体的には、終末期の準備として、本人が望んでいる死の迎え方が遂行できるように配慮する。
また、不安や寂しさを受け入れ、心身の苦痛を緩和するように努める。

Ⅳ.入退所時の看護
入所時には、施設の生活環境に適応できるようにオリェンテーション、他の入所者への紹介等を行う。
また、退所時には退所後の新しい生活環境に適応できるよぅに、時に家族を含めて指導、援助を行う。

Ⅴ.日常生活援助
入所サービスの内容に沿って日常生活行動の援助を申心に行うが、看護師泣直接的な援助考であるだけではなく、高齢者と介護者のコーディネーター役としての業務も求められている。
積極的に日常生活の援助行為に参加することは、老人ホームの場合と同様に入所者との信頼関係の構築、コミュニケーションの場、身体的情報の収集といった視線から意味あることである。
さらに、介護職員が無資格者であることが多いので、そのよぅな職員への看護・看護技術教育に携わることも重要である。

Ⅵ.精神的ケア
老人保健施設が申間施設であることから、入所者の目標は社会復帰である。
そのために入所者が現実を見据え、生きがいを持って生活できるように精神面の援助を行う。

Ⅶ.家族への援助
家族の状況を把握し、家族の協力が得られることを目標とする。
特に、家族の介護に伴う精神的な苦痛、不安を軽減できるように援助する。

Ⅷ.他機関との連携
高齢者が効果的かつ総合的な保健,医療・福祉サービスを受けられるような援助を関連機関と連携して行う。また、老人保健施設はデイケアなどの通所サービスが行われている。
在宅で療養する高齢者はこのようなサービスを受けることにより、身体的機能を高め、精神生活の充実を図ることになる。
そのため、看護師肚このような高齢者に対しても、在所時の健康管理、日常生活の援助、機能訓練等にも関わることが求められている。