Pocket

頚椎
第一頚椎は環椎とよばれ、文字通り指輪のような形をしている。
この骨には椎体がない。後述するように、椎体は第二頚椎にとられてしまっている。
横突起のつけねのところに上面に大きな関節窩があって、頭蓋のこれに対応する関節頭をうける。
頭を前後左右に傾ける運動は、主としてこの関節で行われる。環椎の下面には平らな関節面があって、第2頸椎と関節をつくる。
第2頸椎は軸椎とよばれ、椎体から上方へ円柱状の歯突起がのびだしている。
この歯突起が本来は環椎の椎体にあたるのである。
歯突起の側面は関節面になっていて、環椎のそれに応じる小さい関節面に接し、また靭帯でおぎなわれて車軸関節をつくる。
すなわち歯突起を軸として環椎がまわるのであって、頭の水平回転は主としてこの関節でおこなわれる。
このように第1と第2の頚椎は独特の形をしているが、第3のもの以下は一般的な形をしている。
ただ注意しべきは、横突起の基部にまるい横突起というあながあいていることで、これは頚椎の目印となる。
このあなは脳をやしなう椎骨動脈の通り道である。

病因
椎間板の変性、椎間関節の変性、それらに起因する頚椎異常可動性(不安定性)や頚椎彎局異常などが頚椎症の実態である。
いずれも脊椎の加齢現象であるが、そのような加齢の起きやすさ、重症化しやすさの原因はまったく不明である。

病態生理
四肢の麻痺症状(脊髄症状)発生のメカニズムとしては、変性した椎間板の後方突出、椎体隅角部での骨棘形成が前方からの脊髄圧迫因子となる。
先天的あるいは発育的に頸部脊柱管前後径が狭いものに脊髄症状が発生しやすい。