Pocket

蘇生術の実際
1.気道の確保
吸引、気管内挿管
2.呼吸の確立
mask&bag tube&bag
3.循環の確保
心マッサージ
4.薬剤の投与
ボスミン、プロタノール
重炭酸ナトリウム(重篤な代謝性アシドーシスにのみ)

アプガースコア
 
1.呼吸器系の異常
呼吸障害の症状
①多呼吸
②無呼吸
③チアノーゼ
④伸吟(呼気時のうなり)
⑤陥没呼吸
⑥シーソー呼吸 など

無呼吸発作の治療ステップ
①原因疾患の検索とその治療
②体位を腹臥位にする
③低濃度酸素の供給
(PO2を50~90mmHgに保つ)
④物理的刺激を加える
⑤薬物療法(ネオフィリン、テオコリン)
⑥人工換気法

呼吸障害を引き起こす疾患
①気道の閉塞性病変
後鼻腔閉鎖など
②肺実質の病変
呼吸窮迫症候群(RDS)
胎便吸引症候群
一過性多呼吸、肺炎など
③胸膜腔の異常
気胸など
④横隔膜の異常
横隔膜ヘルニアなど
⑤循環系の異常
先天性心疾患
胎児循環持続症など
⑥中枢神経系の異常
頭蓋内出血
低酸素性虚血性脳症など
⑦感染症
肺炎、肺血症、髄膜炎など
⑧代謝異常
低血糖症など

妊娠・分娩経過から予測できる呼吸障害
①母体の糖尿病―低血糖症、RDS
②羊水過多―食道閉塞
③早産―RDS
④前期・早期破水―肺炎、肺血症
⑤母体発熱―肺炎、肺血症
⑥胎児仮死―胎便吸引症候群、胎児循環持続症、気胸
⑦難産―頭蓋内出血、低酸素虚血性脳症
⑧出生時蘇生術施行―気胸

2.循環器系の異常
循環器系異常の症状
①多呼吸
②チアノーゼ
③徐脈(100/分以下)
④頻脈(200/分以上)
⑤不整脈
⑥心雑音
⑦心肥大
⑧肝腫大
⑨浮腫 など

3.消化器系の異常
消化器系異常が疑われる症状
①嘔吐 
②胎便排泄異常
③血便
④腹部膨満または陥没
 
新生児の嘔吐
①回数が多い
②吐物の量が多い
③胆汁が混じっているー十二指腸以下の腸閉塞の疑い
④血液が混じっているー新生児メレナの疑い

新生児期の出血性疾患
①ビタミンK欠乏性出血症
・真性メレナ
・乳児ビタミンK欠乏性出血症
②DIC
③血小板減少症
④先天性凝固因子欠乏症
⑤その他

緊急的外科治療が必要な疾患
①先天性食道閉塞
②腸閉塞
・回腸、十二指腸、空腸に多い
・狭窄は特に十二指腸に見られる
③直腸肛門閉塞(鎖肛)
④横隔膜ヘルニア
⑤臍帯ヘルニア など

4.中枢神経系の障害
中枢神経障害の症状
①けいれん
②筋緊張の異常
③反射の異常
④後弓反張
⑤落陽現象
⑥上方凝視
⑦舌挺出
⑧頸部形態の異常 など

分娩損傷の観察
1.分娩損傷を起こしやすい産科的因子
①胎位異常(とくに骨盤位)
②鉗子・吸引分娩
③遷延分娩
④肩甲娩出困難症
⑤巨大児
⑥回転術および牽出術
⑦未熟児

2.生命予後および長期の後遺症に関連する分娩損傷
①帽状腱膜下出血、頭蓋内出血
②顔面神経麻痺、上腕神経叢麻痺
③頭蓋骨骨折、上腕骨骨折、大腿骨骨折
④肝被膜下出血、副腎出血
⑤脊髄損傷

5.黄疸
病的なものが疑われる黄疸
①生後24時間以内血清総ビリルビン値が10mg/dlを越える早期黄疸(溶血性疾患のことが多い)
②成熟児で18mg/dl以上、極少未熟児では10mg/dl以上の高ビリルビン血症
③直接型ビリルビン値が1.5~2.0mg/dl以上の黄疸
④直接クームス試験陽性の溶血性疾患

6.感染症
新生児重症感染症の初期症状
①なんとなく元気が無い
②皮膚色がなんとなくすぐれない
③哺乳力低下
④無呼吸
⑤体温の不安定
⑥腹満、嘔吐
⑦黄疸
⑧易刺激性

7.血液代謝異常
 
8.体表奇形
 
9.染色体異常
染色体異常の所見
①特異な顔貌
②三角頭
③小顎症
④耳の位置が低い
⑤釣りあがった目
⑥扁平な鼻骨
⑦眉間の突出または広がり
⑧短顎
⑨翼状頸
⑩小さな手、足
⑪指の屈曲拘縮
⑫内反尖足
⑬舟底足
⑭尿道下