Pocket

≪処置当日の手順≫
①バイタルサインをチェックする。
・患者を搬送する直前にも必ずバイタルサインをチェックして記入する。
それまでのバイタルサイン比べて変化があれば、その旨を記入し、心臓カテーテル湿の看護師に申し送る(緊張による変動の有無を知る)。
②血管造影検査チェックリストの事項を患者に確認し、記入する:感染症の有無も必ず記入する。
③術着は和服寝衣とし、下着はT字帯に替えてもらう。
・義歯、指輪、時計、眼鏡などをはずしておく。
④心カテ室から連絡が来たら、車椅子で患者を移送し、担当の看護師に申し送る。
・鼠径部からカテーテルを挿入するため、排尿により不潔になることがないよう、また、術中・術後の安静維持、水分出納の正確なチェックのため、心カテ室で尿カテーテル挿入する。
⑤PTCA終了の連絡が来たら、患者を迎えに行き、申し送りを受ける。
⑥ストレッチャーで患者をCCUに移送しCCU看護師に申し送りをする(表2)
・CCUでは、循環動態をチェックするため、S-Gカテーテルを使用する。

≪処置後に注意すべきこと≫
・特に問題がなければ、PTCA翌日に病棟に帰室する。
・CCUから連絡が来たら、輸液内容と搬送方法(車椅子かストレッチャーか)を確認し必要物品を整えてから患者を迎えに行く:強心薬(塩酸ドブタミン、DOA)や抗狭心症薬(ミリスロールなど)を使用している場合には輸液ポンプまたはシリンジポンプを持参し、装着する。
・帰室したらバイタルサインをチェックし、合併症の出現に注意しながら一般状態を観察する(表3)。
・帰室後の安静度は医師の指示に従う。
・朝にS-Gカテーテルを抜去下場合は、昼まで仰臥位安静とする(原則として、抜去後6時間は仰臥位安静を保ってもらう)。
・医師が包交を行ない、状態を確認したら、安静解除される。
・飲食についてはCCUに入室した後一般状態が安定していることを医師が確認したら許可される。
・通常午前中に検査が終われば夕食から摂取できる。
・仰臥位安静中は、食事の介助を行なう。
・術後の入浴、保清については安静解除後、医師の指示の従う。